具眼

具眼についてご紹介いたします。

続)で、今も東京都美術館の外にできている長蛇の列に関しては、「若冲はん凄いねぇ」としかわたしは思わない。「1000年待たなくても具眼の士はいたってことかな?」って。待つだけで会えるなんて奇跡だとわたしは思う。
Wed May 11 01:45:37 +0000 2016

すごい才能ですよね、生涯独身で貫いたのも気になるんですが… 作品と同じく、 「具眼の士 千年を待つ」 この言葉にも惹かれています😌。
Wed May 11 00:14:35 +0000 2016

澤田文一(1946年〜) 貧困と北海道の極寒に耐えながら「孤高の画家、魂の画家、画界のドストエフスキー」と称される程の画風を形成。若くして具眼の画商やコレクターの注目を集めるが、長期の失踪。近年、約20年振りに復活。
Tue May 10 12:51:50 +0000 2016

千載具眼の徒を待った若冲は1000年後の未来から来た人で、江戸次第中期の人間とは倫理観や死生観、ものの見方まで違っていたからあの絵描けた、ていうSF小説を読みたい
Mon May 09 13:38:15 +0000 2016

伊藤若冲 ”千載具眼の徒を俟つ”
Mon May 09 04:45:30 +0000 2016

霞が関の論理に従えば、無理でしょうね。でも中には気概ある官僚もいる。例えば本件の道筋をつけた文科省の小原室長は具眼の士です。 彼女は見かけは可憐な女性ですが、中身はなかなかの剛腕です。実はすでに、先日の霞が関上層部のバーター会議で内々に話がついています。
Sun May 08 15:23:46 +0000 2016

避妊具眼鏡だけど盛本くんは眼鏡キャラじゃないから必要ないね(謎理論により種付け)
Sun May 08 10:40:19 +0000 2016

若冲、わたしも美術館に観にいきました! てるてる法師さんは、 千載具眼の徒を俟たずともですかね!? 天クラ向けの新しいキャラ、楽しみにしております!( ´ ▽ ` )ノ
Sun May 08 05:32:37 +0000 2016

みんな、こういう感じの人が多い。ドクター中松氏もこういう感じだろうか。もっと、先が見えているかもしれないね。 今、ブームの伊藤若冲みたいに、具眼の士を千年待つ。的なのは、違う次元から来た人かもしれないね。ナスカの地上絵。(^^;;
Sun May 08 01:51:06 +0000 2016

千載具眼の徒を待つ…千年後、自分の作品を正当に評価できる人が現れるのを待つ。そんな言葉を吐ける人は天才だと思う。そして300年後の今、遠く異国の一人の男がその作品にとり憑かれたことをきっかけに、言葉は現実となった。鮮明な色彩と驚異の写実を…
Sat May 07 21:34:44 +0000 2016

千載具眼の徒を待つ…千年後、自分の作品を正当に評価できる人が現れるのを待つ。そんな言葉を吐ける人は天才だと思う。そして300年後の今、遠く異国の一人の男がその作品にとり憑かれたことをきっかけに、言葉は現実となった。鮮明な色彩と驚異の写実を示す三十幅の掛軸は日本の中心で疾風を起こす
Sat May 07 16:58:39 +0000 2016

考えて考え抜いているとは言いがたし。千載具眼の徒を竢つと胸を張っていえるように!
Sat May 07 16:50:11 +0000 2016

千載具眼の徒を俟つ。
Sat May 07 14:05:08 +0000 2016

改めて若冲展の感想。 満員電車状態ではあったが、動植綵絵30幅の一挙展示は声が出るほどの圧巻であった。「千載具眼の徒を俟つ」まだ生誕300年。未来にもっとわかることも多いのだろうか
Sat May 07 05:18:11 +0000 2016

「千載具眼の徒を俟つ」。千年後に自分の絵を理解する人が現れるのを待つ、という意味だって。若冲かっこいいな。
Fri May 06 11:40:10 +0000 2016

若冲「千載具眼の徒をまつ」…若冲の技法はドローイングソフトでレイヤーを重ねて描く時の手段に似ているけど、千年先に生まれたかったのかも…拡大表示も楽だし…
Fri May 06 01:49:05 +0000 2016

千年後具眼の士が自分の作品を理解すると言っているが、きっと己の作品をよく理解していたんだろうな、奇才奇想の絵師とは言え、ほんまに持って生まれたものが違うんでしょうね。絵の細部細部を描きながら、そのミクロに世界に遊びながら本当に楽しみながら描いてたんだろう、と少し分かる気がする🐔
Thu May 05 14:58:02 +0000 2016

こんばんは!伊藤若冲の手ぬぐいですか!若冲の作品は今注目されてますよね!昨日NHKで見て感動したあ。千載具眼の徒を竢つ。当時の人には理解出来ない程の高度な技術で描いてるんですよね(*’▽’*) 若冲展に行きたくなりました。
Thu May 05 12:59:24 +0000 2016

千載具眼の徒を竢つ by若冲
Thu May 05 10:55:28 +0000 2016

[若冲]京都信行寺の天上絵「花丸図」は西欧の寺院の天上絵にひけを取らない。海外の知識人の論評。「途切れない研ぎ澄まされた精神の持続」「型破りな絵師」「豊かな発想」千載、具眼の徒を待つ、と言う自負は、千年を待たず、数百年にして、世界中が注目。レオナルド・ダビンチと肩を並べるか。n
Thu May 05 08:01:39 +0000 2016

『千載具眼の徒を待つ』 「千年後自分の絵を理解してくれる人を待つ」という若冲の言葉。確かにその技法は、現代のデジタル的だったり、微細なこだわりだったりしたけど、「理解してくれる人、誰もいない…(T-T)」って言わない、ハートの強さな。安心して下さい。3…
Thu May 05 02:02:43 +0000 2016

「千載具眼の徒を待つ」
Thu May 05 01:52:34 +0000 2016

若沖の「千載具眼の徒を竢つ(この価値のわかる人を千年待とう)」という言葉がとてもいいなと思う。
Wed May 04 10:31:43 +0000 2016

しかし若冲は「具眼の士を千年待つ」という言葉を遺しているが、色や表現への拘りー数種の顔料を駆使して現代科学でしか分析できない重ねや裏彩色技法、細密で直しや乱れが一切ない超絶技巧、デジタル画、西洋より百年早い陰影、貴重なプルシアンブルー入手等それこそタイムスリップでもして来たんかと
Wed May 04 09:46:31 +0000 2016

メガネ アイワ